コンサルティング実施事例

製造業

テレワーク下でも営業力を強化し、強い組織を実現

支援企業概略

  • 業界:製造業
  • 従業員数:101~300名
  • 支援期間:5ヶ月(5回)

コンサルタント概略

組織開発・風土醸成を強みとするワークスタイルコンサルタント

状況

・各部署でテレワークを導入しているものの、管理職からマネジメントの難しさや従業員の帰属意識の低下を不安視する声が上がっている。
・顧客への営業活動において他部署との連携も難しく、テレワーク下での業務推進に難しさを感じている。

ゴール
設定

・テレワーク下で明らかになった部署間連携やマネジメントに関する課題を解決し、テレワークであっても問題なく業務を推進できる状態。

支援
内容

・現場の従業員を交えて、部署間連携に関する課題についてヒアリングを実施。
・営業関連部署においてはテレワークを開始してから情報共有ができておらず、連携がとれていないことが分かった。営業力強化には各部署の連携が重要となるため、定期的にオンラインミーティングを実施し情報共有を行うことを提案。情報共有や意見交換をスムーズに実施するためにWEB会議ツール内のホワイトボード機能などの活用についてアドバイス。
・テレワーク下でのマネジメントについては、新たな目標管理方法の導入を提案。全社で目標を共有した上で従業員1人1人の役割を明確にすることで一体感を感じつつ、管理職のフォローのもと従業員が自律した業務推進を実現できると説明。

結果

・テレワーク下での営業力強化として、営業関連部署で定期的な情報共有・意見交換を実施するミーティングの運用を開始。
・新たな目標管理手法の導入・運用を開始。全社で同じ目標を共有しながら自身の役割を自覚できるようになり従業員が自律して業務推進ができるようになった。目標に対する進捗も把握しやすくなりテレワーク下でのマネジメント方法も明確になった。

  • 担当コンサルタントの声

    今回提案した部署をこえた連携や情報共有は組織力強化に非常に有効です。営業関連部署だけでなく、他部署でも実施していただくことで新たな成果創出につながると思います。

  • 企業アンケート

    テレワークと相性の良い目標管理方法や、テレワークであっても営業力を強化できる方法など、自社の課題に合った解決策を提示いただけて非常に参考になりました。