コンサルティング実施事例

製造業

導入計画を定め、短期間でテレワーク本格導入へ

支援企業概略

  • 業界:製造業
  • 従業員数:501名~999名
  • 支援期間:4ヶ月(5回)

コンサルタント概略

自身もテレワークを活用しながら、多様な働き方を実現するワークスタイルコンサルタント

状況

・従業員が増え、本社オフィスが手狭になってきたため、なるべく早期にテレワークを導入し就業場所の選択肢を増やす必要があると感じている。
・経営層もテレワークの導入には前向きであるが、どんな準備をするべきなのか分からないため検討が進んでいない。

ゴール
設定

3か月で本格導入できるように、導入計画の策定とテレワーク勤務規程・運用ルールの整備が完了した状態

支援
内容

・テレワークの実施目的・対象者を整理し、3か月間で本格導入できるように計画を策定。
・企業担当者の工数を最小限に抑えられるように、テレワーク勤務規程のサンプルを用いて検討すべきポイント(費用負担、禁止事項の策定など)について解説。
・既存の環境でテレワークが実施できるように、スケジューラーへ予定業務を入力することなど、運用ルールを策定することを助言。

結果

・テレワーク本格導入に向けて対応すべき事項が明確になった。
・テレワーク勤務規程の整備が完了し、まずは本社での運用を開始した。
・運用ルールが策定でき、本社従業員への周知が完了した。

  • 担当コンサルタントの声

    今後、本社以外にもテレワーク対象者を拡大していくにあたり、説明会の実施が重要となります。テレワーク導入の目的やテレワーク勤務規程など守るべきルール、本社で実施した際に洗い出された課題と対応策などを説明することでスムーズに運用を開始いただけると思います。

  • 企業アンケート

    テレワーク時のマネジメントの工夫についてアドバイスいただき大変参考になりました。