アクセシビリティ方針

当サイトは、情報通信アクセス協議会ウェブ・アクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016試験実施ガイドライン優先度A(JIS X 8341-3:2016 の達成等級「A」及び「AA」を含む)に準拠することを目標とします。

第1 方針

1.対象範囲

テレワーク課題解決コンサルティングウェブサイト(https:/workstyle.metro.tokyo.lg.jp/)配下のページを対象とします。

2.例外事項

以下は修正対応が困難であるため、目標の対象外とします。
1.修正用データが無い(修正できない)コンテンツ
2.過去に作成した画像及び動画の一部
3.外部から提供されたサービス及び付随するコンテンツ
4.PDFデータ
PDF等添付ファイルについては、W3C Working Group Note「PDF Techniques for WCAG 2.0」の翻訳が情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会実装ワーキンググループにおいて正式に公開されたのち対応方針を検討いたしますが、現時点においてはPDFデータに関する達成目標を以下のとおりとし順次対応を行います。

3.目標を達成する期限及び等級

2023年3月31日までに等級「AA」に準拠

4.追加する達成基準

確認

第2 ウェブアクセシビリティ検証結果

当サイトのJIS X 8341-3:2016に基づいた試験を実施し、その結果を公表します。
当サイトのうち、試験を実施したページにつきましては、達成等級AAに準拠しております。

1.達成した等級

達成等級Aに一部準拠

2.試験を実施したページ

JIS X 8341-3:2016試験実施ガイドラインに基づき、
テレワーク課題解決コンサルティングウェブサイト(https:/workstyle.metro.tokyo.lg.jp/)ウェブページ一式を代表するウェブページは以下の6ページとします。

テレワーク課題解決コンサルティング テレワークで始めるワークスタイル変革
https:/workstyle.metro.tokyo.lg.jp/about/

関連事業・助成金の紹介|テレワーク課題解決コンサルティング
https:/workstyle.metro.tokyo.lg.jp/business/

チラシ・パンフレットはこちら|テレワーク課題解決コンサルティング
https:/workstyle.metro.tokyo.lg.jp/leaflet/

新着情報|テレワーク課題解決コンサルティング
https:/workstyle.metro.tokyo.lg.jp/news/

セミナー情報|テレワーク課題解決コンサルティング
https:/workstyle.metro.tokyo.lg.jp/seminar/

サイトマップ|テレワーク課題解決コンサルティング
https:/workstyle.metro.tokyo.lg.jp/sitemap/

3.例外事項

なし

4.依存したウェブコンテンツ技術

HTML5、CSS3、JavaScript 1.5

5.達成基準チェックリスト

達成基準チェックリスト

6.試験実施期間

2021年12月1日~12月20日

7.達成基準チェックリスト

凡例

【適用】
◯:達成基準は試験対象ページに適用されている
-:達成基準は試験対象ページに適用されていない

【適合】
◯:試験対象ページは達成基準を満たしている
×:試験対象ページは達成基準を満たしていない

達成基準チェックリスト

細分箇条 等級 達成基準 適用 適合 備考
1.1.1 A 非テキストコンテンツ
1.2.1 A 音声だけ及び映像だけ(収録済み)
1.2.2 A キャプション(収録済み)
1.2.3 A 音声解説又はメディアに対する代替コンテンツ(収録済み)
1.2.4 A キャプション(ライブ)
1.2.5 A 音声解説(収録済み)
1.3.1 A 情報及び関係性
1.3.2 A 意味のある順序
1.3.3 A 感覚的な特徴
1.4.1 A 色の使用
1.4.2 A 音声の制御
1.4.3 A コントラスト(最低限レベル)
1.4.4 A テキストのサイズ変更
1.4.5 A 文字画像
2.1.1 A キーボード操作
2.1.2 A キーボードトラップなし
2.2.1 A タイミング調整可能 対象コンテンツを含まない
2.2.2 A 一時停止,停止及び非表示 対象コンテンツを含まない
2.2.3 A タイミング非依存 対象コンテンツを含まない
2.3.1 A 3回のせん(閃)光,又はしきい(閾)値以下 対象コンテンツを含まない
2.3.2 A 3回のせん(閃)光 対象コンテンツを含まない
2.4.1 A ブロックスキップ
2.4.2 A ページタイトル
2.4.3 A フォーカス順序
2.4.4 A リンクの目的(コンテキスト内)
2.4.5 A 複数の手段
2.4.6 A 見出し及びラベル
2.4.7 A フォーカスの可視化
2.4.8 A 現在位置
3.1.1 A ページの言語
3.1.2 A 一部分の言語
3.1.3 A 一般的ではない用語 対象コンテンツを含まない
3.1.4 A 略語 対象コンテンツを含まない
3.1.6 A 発音 対象コンテンツを含まない
3.2.1 A フォーカス時 対象コンテンツを含まない
3.2.2 A 入力時 対象コンテンツを含まない
3.2.3 A 一貫したナビゲーション
3.2.4 A 一貫した識別性
3.3.1 A エラーの特定 対象コンテンツを含まない
3.3.2 A ラベル又は説明
3.3.3 A エラー修正の提案 対象コンテンツを含まない
3.3.4 A エラー回避(法的,金融及びデータ) 対象コンテンツを含まない
4.1.1 A 構文解析
4.1.2 A 名前(name),役割(role)及び値(value)